ジェネラリストを目指す心構え

スペシャリストとして求められ大成することは、IT系エンジニアの多くが目指してきたところでしたが、時代は変遷し、幅広いスキルを持つ人材が求められる場面も増えてきています。スペシャリストとして活躍してきたエンジニアがスクラム開発の現場に参加するときには、ジェネラリストを目指す心構えが必要になってきます。
スペシャリストとして求められるのは、特定の分野に特化した能力を持っていることです。それは、その現場でどのような役割を中心に担っていけるのか、どれだけの活躍ができるのかを示す指標にもなるでしょう。
一方、スクラム開発ではジェネラリストとしての側面が求められるため、自分の得意とする分野の業務を担いながら、他の業務内容のことも理解している方が良いのです。そうして、基本となるスキルや知識を幅広く身につけたジェネラリストになって、ようやく役に立てる人材になれると言えます。

ただ、理解ができるというのは入り口であり、実際には現場で作業に協力できるレベルまでスキルを引き上げていくことが望ましいでしょう。そのための基盤を予め作っておかなければ、どれだけ有能なスペシャリストであってもメンバーとして十分な活躍をすることは難しくなる可能性があります。スペシャリストとして活躍できる領域を確保しつつ、ジェネラリストになることを視野に入れて研鑽を積んでおくことが、スクラム開発の現場に参加する場合には重要になってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です