コミュニケーション能力も重要

これまでプログラマやwebデザイナーの仕事は企業に属していても基本的には個別作業が多く、単独で行うことがほとんどでした。それは一般的にイメージされるような、パソコンに向かって必要な作業をしていくといったものでしたが、これが変わりつつあるのです。

近年、企業の多くがスクラム開発を取り入れるようになってきています。これはIT技術者が単独で作業するのではなく、チームを組んで短期で開発に取り組んでいく手法です。メリットは短い期間で最大限の効果を出すことが期待できる点で、メンバーがそれぞれ責任をもって作業をしていくことによって、トラブルを見つけ出し対処しやすく、さらに柔軟性もあるので方向転換も容易になります。
このスクラム開発が導入されるとこれまでのやり方が一変して、各人の活躍の仕方も異なってきます。求められるのはスキルや知識だけではなく、そこにコミュニケーション能力も加わり、これまでなかなか活躍の場を持てなかった人材が脚光を浴びる場合もあります。対人関係が苦手な人はチーム単位で働くことを厄介に思うかもしれませんが、基本的に必要な情報を共有するための会話や会議なので、気を揉むことはありません。
ただ、相手に分かってもらえるように話す必要は出てくるので、ある程度のコミュニケーション能力があると役立つでしょう。作業におけるスキルや知識だけではなく、会話力も備えると活躍できる場面が増える可能性にもつながるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です